2010年03月25日

入る穴と出る穴(天声人語)

入る穴と出る穴(天声人語)2010/03/25(朝日新聞)

人生には二つの穴があるという。お金を入れる穴と、出す穴だそうだ。

多くの人は、入れる穴の直径より、出す穴を小さめにして暮らしているのだと、人間通で知られた文学者の高橋義孝が書いている

▼世間には、入れる穴を広げる金もうけこそ人生だと考える人がいる。片や、出す穴をできるだけ大きくして、お金を使うのが人生だと考える人もいる。人生色々だが、入れる穴が小さいのに、出す穴ばかりが大きければ、これは早晩行き詰まる

▼さて、この国の穴はどうだろう。きのう成立した新年度予算の一般会計総額は過去最高の92兆円にのぼる。だが税収は37兆円。入れる穴は出す穴の半分もない。新規の国債は44兆円。借金が税収より多いのは、当初予算では戦後初という。数字はどれも空恐ろしい

▼今日をしのぐ借金は、子や孫の代を質草にした借り入れだ。いきおい次世代は、先の難儀を予想して身構える。ある大学生調査では、退職後に頼れるのは「貯蓄など自助努力の資産」だと3分の2が答えていた。「公的年金」は2割に満たなかった

▼若者に老後を聞くのも無粋だが、退職後の生活費の準備をいつから始めるかも聞いたそうだ。8割が学生時代から30代までにと答えたという。何だか彼らに申し訳なくなる

▼国家財政の話ではないが、あれやこれやと事を後世に押しつける風潮に、明治の毒舌家斎藤緑雨はかみついた。「なりたくなきは後世なるかな。後世はまさに、塵芥(じんかい)掃除の請負所の如(ごと)くなるべし」。ツケを回さぬための議論は、もう待ったなしである。

・今の国会議員1人1人はこのことをどう思っているのか?
アンケートを取り発表して貰いたいものだ!
それで国民は次の選挙に反映する機会を熱望する!
posted by ハコ1974 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

<ゆうちょ銀>限度額2000万円に かんぽ2500万円

<ゆうちょ銀>限度額2000万円に かんぽ2500万円

政府は23日、郵政改革の概要を固めた。ゆうちょ銀行への預け入れ限度額は現行の1000万円から2000万円、かんぽ生命保険の保険金上限は現行の1300万円から2500万円へと大幅に引き上げる。日本郵政グループは現在の5社体制から3社体制に再編し、政府のグループ親会社に対する出資比率と、親会社の金融2社(ゆうちょ銀、かんぽ生命)に対する出資比率はいずれも3分の1超として、小泉政権以来の郵政民営化路線の転換に乗り出す。

 亀井静香金融・郵政担当相が23日、原口一博総務相、日本郵政の斎藤次郎社長と会談し、最終調整した。亀井担当相らが24日発表する。政府は、こうした内容を盛り込んだ郵政改革法案を今国会に提出し、会期中の成立を目指す。

これに対し、一般銀行、生保の反発は必至であり、成立は予定通り行くか不明!

ただし一般人はゆうちょの定期預金には強い魅力を感じており、他銀行よりゆうちょへ移し替えも必至と思われる!

その結果ゆうちょの預金高は上がり、その分国債購入が増えるでしょう? 国債(国の借金)は減らすのが目的だが、それはいつ頃から考え始め実行に移されるのだろうか!
posted by ハコ1974 at 11:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。