2010年03月24日

<ゆうちょ銀>限度額2000万円に かんぽ2500万円

<ゆうちょ銀>限度額2000万円に かんぽ2500万円

政府は23日、郵政改革の概要を固めた。ゆうちょ銀行への預け入れ限度額は現行の1000万円から2000万円、かんぽ生命保険の保険金上限は現行の1300万円から2500万円へと大幅に引き上げる。日本郵政グループは現在の5社体制から3社体制に再編し、政府のグループ親会社に対する出資比率と、親会社の金融2社(ゆうちょ銀、かんぽ生命)に対する出資比率はいずれも3分の1超として、小泉政権以来の郵政民営化路線の転換に乗り出す。

 亀井静香金融・郵政担当相が23日、原口一博総務相、日本郵政の斎藤次郎社長と会談し、最終調整した。亀井担当相らが24日発表する。政府は、こうした内容を盛り込んだ郵政改革法案を今国会に提出し、会期中の成立を目指す。

これに対し、一般銀行、生保の反発は必至であり、成立は予定通り行くか不明!

ただし一般人はゆうちょの定期預金には強い魅力を感じており、他銀行よりゆうちょへ移し替えも必至と思われる!

その結果ゆうちょの預金高は上がり、その分国債購入が増えるでしょう? 国債(国の借金)は減らすのが目的だが、それはいつ頃から考え始め実行に移されるのだろうか!
【関連する記事】
posted by ハコ1974 at 11:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳩山由紀夫がいかにごまかしの言い訳をしても、郵政社長・斎藤次郎(今さら次郎)は明らかに天下り・渡りである。
天下り・渡りを問題にしてきた民主党が自ら天下り・渡りをさせたわけであるから、鳩山由紀夫は責任を取るべきである。
民主党政権は異様な特異体質であり、亀井静香や左翼悪人・千葉景子などの炎症を起こしたアキレス腱が多い。
鳩山・亀井・斉藤の社会主義国営の郵便局は決して使わず、
その代わりにコンビニ、ヤマト運輸、銀行、信託銀行、保険会社及び証券会社等を利用しよう。
そして、官営郵政を完全に衰退させて、預金等が国債の購入に使われないようにしたい。
国債の利払いは約10兆円になっており、税収の2割を超えている。
Posted by 民主党の渡り人事 at 2010年03月24日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

郵政改革案、亀井静香氏の発言に対して鳩山首相は了解していない。
Excerpt: この郵政改革案のゴタゴタは内閣のまとまりのなさを露呈している。 亀井氏が自信満々に言い切ったものの、翌日には首相に否定される始末。 ...
Weblog: 甘い食べ物と飲み物
Tracked: 2010-03-25 20:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。